FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

►2008/12/15 00:00 

私



君が気づかせてくれたんだ 此処に居る事を
 私の存在を認めてくれたから
君が気づかせてくれたんだ 生きて居る事を
 私の想いを受け止めてくれたから

心が勝手に 君の方を向くんだ
 いつだって そう いつだって

私の声なき声を 聞いてくれたのが 君だったんだ
 だから私ゎ 今でも 君を信じてる

安らぎに ぬくもりに 包んでくれた君
 小さくても ささやかでも 真実の想いがあった

大事なモノを失って ただ泣いていた私に

優しくそっと手を差し伸べてくれた
優しくそっと微笑みかけてくれた

この世界にたったひとつだけ
 信じられるモノがあるとしたなら
それゎ君が信じてくれた あの日の
 私自身に他ならない


君が気づかせてくれたんだ 心在る事を
 私の真実を支えてくれたから
君が気づかせてくれたんだ 生きて居る事を
 私の想いを受け止めてくれたから

心が勝手に 君の方を指すんだ
 いつだって そう いつだって


君と出逢って 愛を知って
 私 こんなに 変われたんだ

もう躊躇わないで まっすぐ笑える
 君がいれば 君といれば

この世界にたったひとつだけ
 信じられるモノがあるとしたなら
それゎ君が信じてくれた あの日の
 私自身に他ならない

私ゎ私と 今なら言えるよ
ありがとうを君に

ありがとうを君に






自分自身が信じられなくなって

心が挫けそうになった時

支えてくれた人が居ましたか?

そんな人の存在を想いながら書いた詩です^^


決して一人じゃここまでたどり着けなかった

そんな風に思うと

感謝の気持ちが溢れてきます


あなたにとって誰ですか

感謝していますか


私にとっても沢山います

家族、友人


モチロンここに来て下さる全ての方たちにも

支えられてここまで来ました^^

素敵な出会いがもっと素敵な「私」を育ててくれます

「私」をありがとう


追伸☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。

ちょっと多忙な為

ご訪問など遅れています(>_<)

遅くなっても必ずご訪問させていただきますので

しばらくお待ちくださいませm(__)m

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

スポンサーサイト

テーマ : 詩・唄・詞 - ジャンル : 小説・文学

┣あかるい系Comment(22)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。