FC2ブログ

執事-Gentleman-

►2008/12/12 00:00 

執事-Gentleman-


いつも貴方が見てくれた
 私の不安を誰よりも速く
  察して 優しく駆け寄った

まどろむ午後には
 憂鬱をスプーン一杯の甘さで溶かして
  俯きかけた心を 笑顔に変えてくれる

魔法の胸ポケットには
 ハンカチと甘いキャンディー
いつだって 私が求める味を知っているの

もう立ち止まらずに歩けるわ
 貴方が見守ってくれたら
  私はまだまだ 幼い少女だけれど
もう見失わずに進めるわ
 貴方が照らしてくれたら
  私は今でも か弱い少女だけれど

貴方はいつでも紳士な執事
 私を優しくエスコートしてくれる

My important steward is a gentleman.
You are a gentleman.
My gentleman.
You are a gentleman.
My gentleman.


いつも貴方が見てくれた
 私の危険を誰よりも強く
  案じて 優しく見守って

朧な月夜に
 悪夢をスプーン一杯の甘さで溶かして
  溢れかけてた涙を 笑顔に変えてくれる

貴方の心の中は
 どんな景色広がってるの?
いつだって 心を閉ざして石のようになって

そう私にだけは聞かせてよ
 貴方の本当の心
  私はまだまだ 幼い少女だけれど
そう心の声を伝えてよ
 貴方の胸の内を
  私は今でも か弱い少女だけれど

もう素直に言葉届けてよ
 貴方の心模様を
  私はまだまだ 幼い少女だけれど

だけどね 私もいつまでも 少女じゃないよ

My important steward is a gentleman.
You are a gentleman.
My gentleman.
You are a gentleman.
My gentleman.

My important existence is you.






今回の詩ゎ

いつもお世話になっている方をイメージしつつ

感謝の気持ちも込めて書いた詩です^^

以前私の詩を書いてくださったお礼です^^

一応他の方にも共感できるような形に仕上げました♪


私が書く詩なのでどうしても恋愛詩になってしまう点が申し訳ないですw


この詩ゎ

ホントゎちゃんと自分を女として見て欲しいのに、とゆ

少女から大人の女性に変わりつつある乙女心を描いてみました

ちょっと年上の男性に憧れを抱くような感覚ですね^^

学校の先生と生徒、会社の上司と部下、そんなケースを思い浮かべていただくと

少しわかりやすいカナ?とか思います^^


いつものように妄想率高めでお送りいたしました♪


☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。

じぞう執事さんいつもコメントありがとうございます^^

私が描く恋愛詩の世界に登場させてしまう形になっちゃいましたがw

その部分ゎスルーしてください(>_<)

感謝の気持ちを随所にちりばめたつもりです♪

いつも素敵な言葉と優しさをありがとうございます^^


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

スポンサーサイト



テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

┣れんあい系Comment(16)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |