FC2ブログ

闇酔い

►2008/09/25 11:36 

この深い闇の底で

僕は光を見つけたんだ


空も見えない

地面も見えない

此処は何処だろう

立って居られない


波に浮かぶように 漂っているのだろうか

僕は君は 同じ傷痕を見せ合って

闇に沈むように ただ酔っているのだろうか

僕は君は 同じ傷痕を舐め合って


闇の波が押し寄せる

心ごと 体ごと さらっていく

病みの波が押し寄せる

心ごと 体ごと さらっていく


「僕等は似て異なるモノ」


君の心に触れるコトは出来ても

闇の向こうに進むコトは出来ない

同じ空間を共有できても

同じ空間で共存できない


闇酔い 病み 酔い

漂い ただ 酔い


君という光も 所詮闇が創り出した幻




暗い詩の出番がまたやってきました(>_<)

ちょこちょこアップしとかないと

ストックが暗い詩でいっぱいになってしまうので(+_+)。。


嵐が過ぎ去るのをじっと待つように

どうか耐えてくださいw


真面目に解説


自分しか解らないと思って闇の中で「自我」を閉じ込めてきた彼

だけど同じように生きてきた彼女と出会う中でそれが光と感じる

それでも結局闇を見すぎたせいか解り合うコトができない心と心

いつしかそんな可哀想な自分に酔っていたのかも知れない

これじゃ救われない。。。

やっと見つけたと思った光も

そんな自分を闇から救い出して欲しい願望が見せた

ただの幻なのかもしれない


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

スポンサーサイト



テーマ : 詩・唄・詞 - ジャンル : 小説・文学

┗くらい系Comment(8)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |