FC2ブログ

空蝉

►2008/08/25 05:28 

捻れた ネジが少し弛んだような表情で

貴女は 空をただ見つめて居る

捉えた 取れた部品に 心囚われた 君を

私は 其れをただ眺めて居る


壊れて 仕舞った 君を 如何すれば良い?

溢れて 仕舞った 僕を 如何すれば良い?


君よ 貴方よ もう一度 微笑んでよ

僕の 願いよ 一度だけ 叶えてくれ


「あの頃の 君を 返してくれ」


偽り つまり 生きる為が故

僕が 壊れたら 誰が君を守る?

祈りよ!絶望よ! なぜ繰り返し僕を咎める?


白夜に捧げよう この命を この魂を

せめて今宵だけで良い 

悪魔に捧げよう この命を この魂を

今宵だけでも 君の微笑みを。。。


此の腕に 此の胸に 抱き締めて 眠りたい




源氏物語の空蝉からとりました

詩の内容ゎ物語とゎ関係ありませんケド(>_<)

空蝉=この世に生きている人間。現人(うつしおみ)が訛った物。
    蝉の抜け殻。

生きている「僕」が抜け殻の「君」を想う切ない詩にしました。

そこに確かに居るのに、触れることゎ出来るのに

心を失った人を、愛し続けるつらさ

切なさが表現できているか不安です(>_<)

スポンサーサイト



テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |